XMトレーディング(XMTrading) 口座開設

XMトレーディング 口座開設
この記事は約7分で読めます。

XMトレーディング(XMTrading)では、初心者の方でもカンタンに口座開設を行うことができます。

「海外FXって登録も大変そう・・・」
「英語苦手だから出来るかどうか不安」

という方もいらっしゃるかも知れません。

でもXMトレーディングの口座開設は3分~5分ぐらいで終わるし、日本語とローマ字だけしか使いません。

もちろん、スマホだけでも手軽に出来ます。

今回は画像付きで、口座開設から口座を有効化するまでの手順をまとめていきます。

画像はパソコン用画面のものですがスマホでも入力する項目は全く同じなので、参考にしてください。

 

口座情報の注意点

口座開設時は、氏名や住所・電話番号などの個人情報を正しく入力しましょう。

開設手続きの後に本人確認書類をアップロードする必要があるので、書類と登録情報が違っているとすぐに分かります。

後で訂正する手間が出てくるので、誤りのないように入力しておきましょう。

 

XMトレーディング 口座開設の手順

まずは、XMトレーディングの公式サイトへ移動しましょう。

↓↓↓↓


※公式サイトが開きます。

手順① リアル口座の登録 1/2を入力する

まず「リアル口座の登録 1/2」という画面が出てきます。

ここでは、以下の内容を入力・選択します。

・氏名
・居住国
・希望言語
・電話
・取引プラットフォームタイプ
・口座タイプ

氏名はローマ字入力なので、姓・名を分けて入力しましょう。

希望言語は必ず日本語にして、電話番号は「+81」の後にそのまま入力すればOKです。

 

パッと見て分かりづらいのが、取引口座詳細にある2つですね。

MT5はMT4の次世代ソフトで動作なんかは早いですが、環境設定が細かいので初心者の方にはMT4の方が分かりやすいです。

口座タイプは「スタンダート>マイクロ>ZERO」の順でリスク・レバレッジなどが変わってきます。

ただしZEROはレバレッジも低く口座開設ボーナスも貰えないので、多くの資金が必要となります。

 

なのでFX初心者の方は、以下の組み合わせをオススメします。

・取引プラットフォームタイプ:MT4
・口座タイプ:マイクロ口座

 

【公式】XMトレーディング

手順② リアル口座の登録 2/2を入力する

次に「リアル口座の登録 2/2」という画面が出てきます。

ここは入力項目が多いので、それぞれ分けて説明します。

 

姓名をそれぞれカタカナで入力します。

生年月日はクリックして選択するだけです。

 

都道府県や市区町村については、全て半角英数字で入力する必要があります。

英語表記の住所って難しいイメージがありましたが、内容さえ正しければ問題ないようです。

住所が「新宿区愛住町」なら、「,」で区切っておきましょう。

郵便番号欄にはハイフン無しで数字7ケタを入力します。

「納税義務のある米国市民ですか?」については、該当しなければ「いいえ」です。

 

ここは口座の基本通貨やレバレッジ・口座ボーナスの有無を選びます。

基本通貨は「JPY(日本円)」にしておくと後々便利になります。

レバレッジについては後から変更ができるので、とりあえず想定しているモノを選んでおきましょう。

口座ボーナスについては「受け取りを希望する」にしておかないと貰えないので注意です。

 

ここは投資額や目的・雇用形態などを選択していきます。

カード会社とかと違って審査などはありませんので、大まかに選べば問題ありません。

学歴の所に「学士/修士/博士」とありますが、これは以下を参考にしてください。

・博士:大学院博士課程を終了した方
・修士:大学院修士課程を修了した方
・学士:大学(4年間)を卒業した方

 

画像の通り、口座パスワードには小文字/大文字/数字の3種類を組み合わせる必要があります。

後は確認欄のチェックを入れて「リアル口座開設」をクリックするだけです。

 

【公式】XMトレーディング

手順③ メールを確認してログインする

次は、先ほど入力したメールアドレス宛に届いたメールを確認します。

 

「Eメールアドレスをご確認ください」と書かれたボタンをクリックすれば、実際のログイン画面へ移ります。

ここであなたにリアル口座のIDが割り振られるので、パスワード欄へ先ほど設定したパスワードを入力すればログインが出来るようになります。

これで、口座開設は完了となります。

XMトレーディング 口座開設した後の手順

上記までで口座開設は完了しましたが、その後も少しだけ手続きが必要です。

この手続は必須なので、開設後に早めに済ませておきましょう。

手順① マイナンバーを入力する

実際にログインを行うと、以下のような画面が出てきます。

口座開設は既に完了していますが、口座ボーナス(取引ボーナス)の3000円を貰うためには口座の有効化が必要となります。

「今すぐ口座を有効化する」というボタンをタップします。

 

すると次は、追加情報を入力する画面が出てきます。

ここでは選択肢を以下のように変更して「送信」をクリックします。

後は次の画面でマイナンバーを入力して「確定」をクリックすればOKです。

 

【公式】XMトレーディング

手順② 本人確認書類をアップロードする

最後に、本人確認書類をアップロードする画面が出てきます。

口座開設申込時には書類の提出が法律で義務付けられているので、さっさと提出しておきましょう。

 

それぞれの「参照」をタップすればファイルを選ぶ画面が出てくるので、ここから該当の本人確認書類を選択します。

スマホで撮影した写真でもOKなので、スマホからアップロードする方がカンタンですね。

 

本人確認に必要な書類は、以下の2種類です。

<身分証明書>

・パスポート
・運転免許証(両面)
・マイナンバーカード
・外国人登録証もしくは在留カード
・障害者手帳(写真付き)
・住基カード(写真付き)

※上記のうちいずれか1つ

 

<住所確認書類>

・公共料金の請求書(ガス/水道/電気/電話/インターネットなど)
・銀行の利用明細書(登録住所が確認できるもの)
・クレジットカードの利用明細書
・住民票

※上記のうちいずれか1つ
※6ヶ月以内に発行されたもので日付も確認できるものに限る

 

これら2種類の画像ファイルを選択して「書類をアップロードする」というボタンをクリックすれば有効化の手続きは完了となります。

アップロード完了通知もメールで届くので確認しておきましょう。

 

書類に不備がなければ最短1時間、最長でも3営業日以内には有効化が完了します。

【公式】XMトレーディング

手順③ ボーナスを請求する

本人確認の処理が終わると「口座有効化のお知らせ(XMTrading)」というメールが届きます。

後は公式サイトにアクセスすれば、氏名の右に「認証済」と表示されており、取引ボーナス3000円分を請求するためのボタンが表示されています。

 

これで「今すぐボーナスを請求」をクリックすれば、携帯電話番号を入力する画面が出てきます。

電話番号を入力して「認証コードを電子メールに送付」をクリックしましょう。

 

しばらくすると登録しているメールアドレス宛に認証コードが届くので、その番号を入力して「確認」をタップします。

認証コードの有効期限は1時間となっているので、早めに行いましょう。

 

後は「取引ボーナスを獲得しました」という表示が出れば、口座の有効化と取引ボーナスの申請が完了となります。

 

これでしばらくすると、ボーナスが反映されます。

反映された後は口座情報でも「クレジット」と「有効証拠金」という欄で3,000円という表記が確認できます。

 

XMトレーディングの口座開設はこちらから
↓↓↓↓


【公式】XMトレーディング

 

ここまで見ても英語が必要になることも無いし、特に難しい所は無いですね。

口座開設自体は5分もあれば終わると思うんで、ちょっとした空き時間にでもやってみてください。

 

口座情報が全て終わったら、次はMT4をインストールしましょう。

XMトレーディング MT4のインストール方法と使い方を解説!
(この記事は2020/02/09に更新しています。) XMトレーディングなど海外FX業者では、取引するときにMT4(MetaTrader4)やMT5(MetaTrader5)などのツールが必須となります。 「初めてだから...
タイトルとURLをコピーしました