XMトレーディング(XMTrading) 入金

XMトレーディング 入金
この記事は約9分で読めます。

 

(この記事は2020/02/09に更新しています。)

 

今回はXMトレーディング(XMTrading)の入金方法をまとめていきます。

「どんな入金方法があるの?」
「手数料とか限度額ってどう?」
「どうやって入金したら良いの?」

こんな風に感じている方には、この記事が役に立つはずです。

XMトレーディングで使える入金方法

2020年1月現在で、XMトレーディングでは4種類の入金方法が使えます。

クレジットカード/デビットカードは、VISAのみ利用可能となっています。

 

2020年2月現在では、入金方法が6種類になりました。

大きく分けると、

①オンラインウォレット
②銀行送金
③クレジットカード

という感じですね。

①オンラインウォレット

 

・Bitwallet(ビットウォレット)
・STIC PAY(スティックペイ)
・BXONE(ビーエックスワン)

この3つは、オンラインウォレットの名前です。

すでに口座開設をしている方なら、すぐにでも利用可能です。

 

今すぐ入金するならこちらからどうぞ。

【公式】XMトレーディング

②銀行送金

・Local Bank Transfer

これは、国内銀行送金の事です。

 

なのでクレジットカードを使うのが不安な方や、初めて海外FXにチャレンジする方でも手軽に始められます

ただ振り込みする時に1つ注意点があるので、ページ後半でまとめている詳しい入金方法を先に確認しておいてください。

③クレジットカード

・VISA
・JCB

これらについては、クレジットカード・デビットカードの両方が使えます。

1月まではVISAだけでしたが、JCBも使えるようになったのは有り難いですね。

ただしクレジットカード会社によっては決済拒否されるケースもあるので、その場合は違うカードか別の入金方法を利用する必要があります。

今すぐ入金するならこちらからどうぞ。

【公式】XMトレーディング

 

マスターカードを使って入金する方法

XMトレーディングではマスターカードが利用不可ですが、STIC PAYを活用する方法があります。

具体的には、以下の流れです。

①STIC PAYのアカウントを作成して、MasterCardで入金する(手数料発生)
②入金を済ませたSTIC PAYの口座から、XMトレーディングへ送金する

ようはSTIC PAYを中継する方法です。

Bitwalletを使っても同じ事ができますが、クレジットカード手数料はSTIC PAYのほうが安いです。

STIC PAY:3.85%
Bitwallet:8%

このように手数料が倍以上違うので、STIC PAYをオススメします。

STIC PAYの口座開設は日本語で出来るので、初めての方でもカンタンですよ。

【公式】STIC PAY口座開設

ちなみにBXONEでは、クレジットカードを使った日本円の入金は出来ないようです。

 

ちなみにそれぞれの入金限度額と手数料・反映されるまでの時間は、以下のようになっています。

最低入金額 限度額 手数料 反映時間
Bitwallet 500円 20万円/回 無料 数分程度
VISA 500円 20万円/回 無料 数分程度
JCB 10000円 30万円/回
75万円/月
無料 数分程度
STIC PAY 500円 20万円/回 無料 数分程度
Local Bank
Transefer
500円 1,000万円
/回
無料
(1万未満で980円)
1時間以内
BXONE Wallet 500円 80万円/回 無料 数分程度

 

こうしてみると、Local Bank Transeferだけ限度額がかなり高く設定されていますね。

反映まで少し時間がかかりますが、

「1回100万円以下なんて全然足りない!」

という方はLocal Bank Transeferの利用をおすすめします。

 

公式サイトはこちら
↓↓↓↓

最大レバレッジ888倍で約定力が抜群のXMトレーディング!

XMトレーディングへ入金する手順

今回はスマホを使った手順をまとめていきますが、パソコンからでもほぼ同じ流れとなります。

画像つきで説明していくので、参考にしてください。

 

まずは公式サイトにログインして、左上のメニューから「入金」をタップしておきましょう。

 

ここからは、入金方法ごとに説明していきます。

下記のリンクからすぐに確認できます。

Bitwallet
VISA
JCB
STIC PAY
Local Bank Trasfer
BXONE

Bitwalletを利用する方法

まず「Bitwallet」の下にある「入金」ボタンをタップします。

 

そして次の画面で「Bitwallet口座(Eメール)」と「入金額(JPY)」を入力します。

2ヶ所を入力したら「入金」をタップしましょう。

※Bitwalletの入金可能額は500円~20万円です。

 

次に確認画面にアクセスするので、内容に間違いがないか確認して「確定」をタップしましょう。

 

するとBitwalletの公式サイトへアクセスするので、メールアドレスとパスワードを確認してログインをしましょう。

もしくは「bitwalletにアカウントをお持ちの方」というボタンが出ているはずなのでそれを選び、ログインを行います。

 

後は画面の指示に従って入金を進めれば問題ありません。

入金処理が終わったら数分でXMトレーディングに反映されます。

 

公式サイトはこちら。

約定力が抜群で初心者でも使いやすいXMトレーディング!

VISAを利用する方法

まず「VISA」の下にある「入金」をタップします。

 

次に金額を日本円で入力しましょう。

※VISAの入金可能額は500円~20万円です。

 

そして画面の内容に間違いがなければ「確定」をタップしましょう。

 

すると画面が変わって、クレジットカード番号を入力する画面が出てきます。

一番下にある「CVV2/CVC2/CAV2」は、カード裏面にかかれている3ケタの番号を入力しましょう。

そして最後に「支払う」をタップすれば完了です。

上記が終わってから数分ほどでXMトレーディングの残高に反映されます。

 

ただし、クレジットカード会社によっては支払いを拒否されるケースがあります。

この場合は別のカードを試すか、bitwalletやSTIC PAYに一度クレジット入金をしてからXMトレーディングへ送金しましょう。

 

公式サイトはこちら。

最大レバレッジ888倍でゼロカットシステム採用のXMトレーディング!

JCBを利用する方法

まず「JCB」の下にある「入金」をタップしましょう。

  

 

次に金額を日本円で入力します。

※JCBの入金可能額は1万円~30万円です。

 

次に口座IDと入金額を確認して「確定」をタップしましょう。

 

するとカード情報を入力する画面が出てくるので、名義やカード番号・CVV番号などを入力して「確認」をタップします。

後は画面の指示に従えば、数分程度でアカウントに反映されます。

 

公式サイトはこちら。

貴金属やCFDもカバーしているXMトレーディング!

STICPAYを利用する方法

まず「STICPAY」の下にある「入金」をタップします。

 

そして次の画面で金額を入力します。

※STICPAYの入金可能額は500円~20万円です。

 

次に確認画面が出てくるので、問題がなければ「確定」をタップしましょう。

するとSTICPAYへログインする画面が出てくるので、ログインした後は画面の指示に従えば処理が完了します。

STICPAYの場合も処理は数分で終わるので、すぐXMトレーディングのアカウントに反映されます。

 

公式サイトはこちら。

最大5000ドルの入金ボーナスが貰えるXMトレーディング!

Local Bank Transeferを利用する方法

まず「Local Bank Transefer」の下にある「入金」をタップしましょう。

 

次の画面では入金先の銀行口座が表示されているので、この口座宛に自分の銀行口座から振込を行います。

この時、振込名義人の欄に口座名義(ローマ字表記)とMT4/MT5番号を入力します。

※MT4/MT5番号は、公式サイトで残高の右に()で表示されている数字です。

※Local Bank Transeferの入金可能額は500円~1000万円です。

 

銀行によって画面は違いますが、上記のような感じです。

名義やMT4/MT5番号に誤りが無ければ、1時間以内にXMトレーディングに反映されます。

 

公式サイトはこちら。

最大レバレッジ888倍でゼロカットシステムも使えるXMトレーディング!

BXONEを利用する方法

まず「BXONE」の下にある「入金」ボタンをタップします。

 

次に「BXONE口座ID」と「金額」を入力します。

BXONE口座IDは、BXONEの会員ページで左上に表示されている数字8ケタです。

 

すると確認画面が出てくるので、口座IDと金額を確認して「確定」をタップしましょう。

 

「確定」をタップするとBXONEのログイン画面が出てくるので、ID・パスワードを入力して「Login」をタップします。

  

後は画面に従って進めば、BXONEからXMトレーディングへの送金が完了となります。

XMトレーディングへ入金時の注意点

最後に、実際に入金するときの注意点をまとめていきます。

これを知っておかないと残高に反映されなかったり、反映されるまでかなり時間がかかってしまいます。

まず大切なのは、XMに登録している名義と同じ口座(アカウント)を使うという事です。

名義が違う口座(アカウント)を使うときちんと残高に反映されません。

 

そしてLocal Bank Transeferを使うときは、さらに2つの注意点があります。

1つは、振込名義人はローマ字で記入して右にMT4/MT5番号を追記するという事です。

入金手順のところでも説明しましたが、MT4/MT5番号を追記しないと手続きが終わってから残高に反映されるまでかなり時間がかかります。

ただし利用する銀行によってはMT4/MT5番号が入力できないケースがあるので、その場合は普通に入金した後で、XMトレーディングに登録したメールアドレスを使ってサポートへ連絡しましょう。

 

もう1つは、入金額が1万円未満の場合は980円の手数料がかかるという事です。

1万円以上なら手数料はかからないので、どうせなら多めに入れておくのが良いと思います。

 

公式サイトはこちら
↓↓↓↓

最大レバレッジ888倍で約定力が抜群のXMトレーディング!

 

入金ボーナスは最大5000ドルも貰えるんで、一度使ってみないと損かも知れませんよ。

タイトルとURLをコピーしました